テニプリスト

アニメ「テニスの王子様」初のオフィシャルストア「テニプリスト」が東京・新宿マルイアネックスにオープン!

  • Twitterでシェアする
  • LINEで送る

CONCEPT

忍足侑士支配人によるテニプリスト運営計画

4月コンセプト

4月コンセプト

お店を盛り上げてくれるみなさん

4月コンセプト

店員の皆さんから一言!

跡部「なるほど、ティーパーティーね」
観月「んふっ、紅茶のことならこのボクにお任せください」
不二「へぇ、観月って紅茶とか詳しいんだ」
白石「ダージリン、アッサム、アールグレイ…色んな種類があるんやなぁ」
仁王「…飲めればなんでもいい俺にはよう分らんのう」
観月「お客さまに癒しを提供するなら、花の香りのフレーバーティーなんていうのもいいかもしれませんね」
柳生「紅茶を淹れるのには茶器にあわせた時間が肝要なんですよ」
不二「先にカップを温めておくといいって姉さんから聞いたことがあるよ」
白石「カップのデザインも綺麗なものにしたら目で見ても楽しんでもらえるんちゃうかな」
跡部「よし、俺が世界最高の茶葉とティーカップを取り寄せてやろうじゃねーの」
不二「ふふ…跡部に任せておけば間違いなさそうだね」
仁王「ついでに、美味しいスコーンも頼むぜよ」
柳生「仁王くん、それは名案ですね」
跡部「ほかにティーパーティーに欠かせないもののアイデアがあるやつはいるか?」
不二「せっかくなら服装も華やかな雰囲気のものにするといいんじゃないかな」
柳生「味覚に視覚…それならば聴覚にもアプローチすると更に癒しの効果があるのでは?」
観月「聴覚ですか…紅茶に合わせる音楽ならやはりクラシックですかね」
白石「うん、これなら無駄のないパーフェクトティーパーティーができそうやな」
不二「ボクも・・・本気になってみようかな…」
跡部「さあ、ティーパーティーのはじまりだ!」
仁王「……プピーナ」

TOP